1. ホーム
  2. 南会工務店が創ったお家・創れるお家
  3. 練馬区H様邸(高齢のご両親と家族の暮らしを考えたら・すべてに優しい住宅になりました)

高齢のご両親と家族の暮らしを考えたらすべてに優しい住宅になりました

練馬区H様邸(高齢のご両親と家族の暮らしを考えたら・・・
すべてに優しい住宅になりました)

もしもの災害時でもできるだけ不便のないように・・・負担のないように・・・
お話を聴いていく中で一つ一つ問題を解決して、将来的に起きてくる介護に
ついても家族が明るく暮らせるようにと一緒に考えていきました。

この家で実際に暮らしてみると家族に優しいだけでなく毎月の電気代が掛からなくなりかえって利益がでるなんてほんとにいいのかしら?と奥様が微笑んで話してくれました。

またべつに予定していたわけではないのですが計算してみると年間一時エネルギー消費削減率が104.6%となり、結果100%以上ということでゼロ・エネルギーの住宅になりました。

住む人に優しい家は環境にも優しく、お財布にも優しい、そして災害には強い家になる。
今回のお家は優しさと安全を両立させて考えたときの答えの一つになると思います。

まずは地鎮祭から

まずは地鎮祭から

祝・上棟

あえて手すりの高さを2段にしました。実際に降りるときに使いやすいそうです。

高齢のご両親の為のスペース。車いすが置けて、杖を置けて、雨具をかけられて、疲れたら座れるベンチもつくりました。

今まで箱にしまわれていたフィギュアたちを飾ってあげたかった。その為のフィギュアケースを家の各所に配置。家族でどこからでも楽しめる、ワクワクのテーマパークみたいになりました。

お母さま「入り口の両サイドに縦の手すりがあるので、とっても入りやすくていいのよね」

見た目をオシャレにしつつも、高齢のご両親が使いやすいよう、手すりを多めに設置しました。また白い大きな手すりを一つ付けたのがとても使いやすくなったポイントです。

手動で蛇口をやりにくくなったご両親の為に、手をかざすだけでお湯が出てくる自動水洗をトイレに設置。

ご両親の部屋には手すりをグルっと配置。楽に伝い歩きが出来るようになりました。クローゼットとのかねあいがポイントです。

娘さんと一緒に出来るように、キッチンスペースは広めにしました。背面には、食器棚、電化製品置き場、ごみ収納スペースをつくりました。2人で調理するときの導線が重ならないように考えてあります。

奥様「朝、家族5人が使うのが同時になってしまうので、混雑を避けるためにこの広さが必要なの。」

インターネットのLANケーブル、電話、プリンターなどの中央基地局を一か所に配置。

あちこち家具屋を探したけれど、希望に合う机がなかったの。だからつくってくれない?ということでつくりました。奥にケーブル(ACアダプター)を通せる穴をあけました。

 
壁面収納とテレビ台。これも同じく希望するものがどこにもないので「出来ませんか?」とのことで、つくりました。

 
これは娘さんの部屋につくった収納家具です。雲のような形は、娘さんがデザインしていただいたものを忠実に再現しました。

南側に大きな建物がなく庭を作ってある為、日当たりが確保できました。その為、太陽光発電を最大限、乗せることが出来ました。停電時にいくつかの電化製品が使えるといいな、ということで太陽光発電を考えました。将来的には、蓄電池を置くスペースの確保と配管をしてあるので、簡単につけることが出来ます。

表に出てお庭を見たいというご両親のご希望によりウッドデッキを設置しました。穏やかな日には、ここでお二人でお茶を飲まれるそうです。

梅雨の時期、洗濯物を干す場所を確保するために、サンルームを設置しました。昔でいう縁側をイメージしてみました。

奥様のたってのご希望で、クマのプーさんの100エーカーの森をイメージしたお庭にしてみました。まだ木は小さいですが、育ってくると森に見えてくると思います。森にある川は石で再現しました。

家族が好きなディズニーランドのイメージをいたるところで取り入れてあるので毎日が楽しいとのことです。またご両親の為に雨の日でも濡れないようにするため、車をカーポートに入れて玄関まで行けるようにしました。

 

ページトップへ戻る