赤ちゃんも安心して寝転がれる床材ってどんなもの?

床って合板がいいの?無垢がいいの?

床材は反ったり曲がったり割れたりしないから合板の方がいいですよ。ってよくいいます。
いろんな色や木目、デザインが選べて価格も安いから今は合板のほうが需要は多いですね。
たしかにこの通りです。

でもあの合板特有の硬さと接着剤を使用しているのでそのにおいがすること。
及び長期間使用に耐えられるのかってこと。

床の直しを頼まれたとき水に濡れやすいキッチンや脱衣場、
トイレなどに貼ってある床合板はふわふわになって抜けそうな場合が多く総貼り替えが必要ですが、
無垢の床材の場合は色は黒くなっていますがまだ十分使用できる状態でした。

当然無垢材のほうが値段は高く貼り手間もかかるので工事代も幾分高くなります。
でも素足で歩くと跳ね返ってくる硬さではなく吸収してくれるような硬さと肌触りのよさ、
無垢の持つ暖かさ、そして永い間使っても問題ないこと。
確かに反ったり狂ったりは多少しますがそれも無垢板の特色
色だってそんなに選べないし柄だって少ないけど、赤ちゃんも安心して寝転がれるってなんかいいと想いませんか。

合板のいいところは値段が安くいろんな色や柄が選べて反ったり曲がったりしないこと。
無垢材のいいところは長期間使用しても問題がなく肌触りがやさしいこと。

あと傷の補修ですが合板では表の仕上げ材が剥れた場合は補修はほとんどできません。
できたとしても費用は高額になります。

一方の無垢材は表がえぐられたとしても中まで同じ材なので補修クレヨンで埋めれば大丈夫。
素人の方でも簡単ですから費用は余りかかりません。
だって補修クレヨン代だけですもんね。

どちらがいいかはこの2つの特性を考えて決めればいいと思います。
無垢そんなに高くないものもありますから費用はそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

公開日時: 2016年3月9日  更新日時: 2017年8月25日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る