【プロ目線】突っ張り棒って効果はあるの?またどう付ければいいの?

よく聞かれることの上位の一つです。

タンスなどが倒れないように付ける突っ張り棒、
転倒防止金具ですが効果は間違いなくあります。

ただ取り付ける天井や壁が丈夫でしっかりしているのが条件です。 ここが弱いとあまり効果はありませんね。
よくアンカーで止める方もいるようですが地震には効きません。
付けてないのと同じです。

大切なのは家がしっかり丈夫であることが大前提です。
ただ取り付ければではなくしっかりと効くように付けるのが大切だと私は考えています。

突っ張り棒の付け方は天井が丈夫な場合に使うこと。昔の和室の天井には使えませんよ。
だって手で押すと曲がるでしょ。しっかりと動かないように止めてください。

転倒防止金具の付け方は最低50ミリ以上のビスを1箇所3本は使いましょう。
このビスを壁の中の柱や間柱にしっかりとねじ込んでください。

でも何回も言いますが全て家がしっかり丈夫であることが条件ですからね。
家がしっかりしてない場合は何らかの対策、例えば耐震補強などを考えることが重要になってきます。
ただ付ければいいのではないことを忘れないでくださいね。

公開日時:2016年1月9日  更新日時: 2017年9月10日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る