誰でもできる良い環境の土地の選び方

これから住むところに
どんな人が住んでいるかを気にしてますか?

皆さん、土地や分譲住宅を買う場合の決め手はなんですか?

値段、設備、間取り、いろいろな場合があると思います。
でもその地域の防犯等を考えた事はありますか。
その町でどんな人が住んでいてどんな環境にあるのか。

本題に入ります。
これが簡単に見分けられる方法があるんです。

商店街ではなく住宅街で見る方法です。

その物件の徒歩15分くらいのエリアをぐるっとあるいてください。
道路に何がありましたか。
気をつけてみて欲しいのは、タバコの吸殻です。
住宅地でこれが多く見つかる場合は、残念ながらあまり良い環境とはいえません。
あえて住宅地だからいえることです。
商店街ならお店の入り口ですから掃き掃除水撒きは当たり前ですが、住宅地は個々のお家の考え方が現れます。
あまり掃除もされていないような場合は、ちょっと待ってよく調べるべきです。
吸殻をポイ捨てする人が多いのは自分だけ良ければ良いと思っている人が多い証拠です。

 

たかがタバコと侮る無かれ

ちゃんとしている人は吸殻入れを持ち歩いています。
決して喫煙を否定しているのでありません。
そのタバコを吸うということからその人の本質が見えてきます。
もし、分譲住宅を買おうとか土地を買おうとかお思いの方は、ちょっとまわりを歩いてみるくらいの心のゆとりは持ちたいものです。
なぜなら、家はそう頻繁に買い替えできるものではないからです。
もしこれから家や土地を探そうと思っている方は、一度確かめてください。
新しい発見があるかもしれません。

公開日時: 2007年10月18 更新日時: 2017年4月21日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る