建て替えとリフォームどっちがいいの?両方のメリット・デメリットをお答えします

よく聞かれるのでみなさんが知りたい事なのでしょう。
建て替えとリフォームのどちらがいいのか?  

 リフォームの利点

 1、今の家の大きさをそのまま使える。(厳密にいうとまずいのですが、、、)
 2、費用は通常建て替えより安い。
 3、住みながらの工事が可能。
   

 リフォームの欠点

 1、基礎からすべての耐震工事はかなりの費用がかかる。
 2、新築ではないので、10年保障は義務ではなく、保障期間もその会社によってである。
 3、シック対策、24時間換気、住宅火災警報器など、適用外である。
 

 

 建て替えの利点

 1、そのときの基準(建築、消防、東京都)にあう耐震構造や消防審査などを検査して工事がすすむ。道路が狭い場合、広げなければならないので、建て替えが終わると道路が広くなり災害時の避難、救急車両等が通れるようになる。
 2、シック対策、24時間換気、住宅火災警報器など審査が必要。
 3、10年保障が義務化されている。

 

 建て替えの欠点

 1、現基準法に適合するのが前提なので、今の家が適合していない時、大きさ、高さ等が小さくなる時がある。
 2、費用は通常リフォームより高い。
 3、新しく引っ越し先を探さなくてはならない。

 もっと細かい事もありますが、大体こんな感じだと思います。
 あなたならどちらを選びますか?

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る