耐震工事では、最初に何を考えるべきか?プロの視点からお答えします

耐震工事では、最初に何を考えるべきか?耐震工事の最初のポイントって難しくはないんですよね。

簡単にいうと、どの位の強さにしたいかってこと。

それを決めるには、あとどのくらいの期間、そこに住むのかを考えましょう。

10年以上の場合は耐震工事を考えたほうがいいでしょう。

10年以下の場合は難しいんですよね。でも基本的には耐震工事はあまり考えないでいいと思います。

ただ、大きな地震で心配なら1階は止めて2階を寝室にするといいでしょう。

1階はつぶれても2階は残る可能性が高くなりますからね。

ただし、家をお子さんなどに家を渡す場合や、
家を売却する場合は耐震工事はしたほうがいいでしょう。

お子さんが継いだ場合は耐震工事をした家なので丈夫で安心できますからね。

売る場合は資産価値が上がるので、家の値段も含めた価格になりますので有利です。

耐震工事をあまり考えなくてもいい場合とは数年後に建て替えるのが決まっているときでになると思います。

ただ避難や倒壊時の事を考えた住み方が必要になってきますけどね。

以上を含めて、やるか、やめておくか、考えてみてください。

公開日時: 2016年4月27日 更新日時: 2017年3月29日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る