建物の中に車庫を考えるときの7つの心得|ビルトインガレージについて

ビルトインガレージはこの7点を抑えよう!

建物の中に車庫を考えるというのは、ビルトインガレージのことですね。

気をつける点は

1、換気を考える事
シャッターでふさぐ場合は換気扇を2カ所以上つけましょう。シャッターがない場合も開口を設けて換気してください。

2、排気ガス
排気ガスが室内に入らないようにするため家の中とつながっている壁には窓はつけないこと。どうしてもつける場合はFIXにすること。当然窓をつける場合は換気扇を2箇所つけること。

3、道路ギリギリ
道路ギリギリに車庫の入り口を持って行かないこと。出るときに左右の安全を確認しにくくなるから。

4、入口の高さ
入口の高さは余裕を持って計画すること。将来車を買い換えたときのため。

5、車庫の内側のかべ
車庫の内側のかべは構造用合板を中に貼っておくこと。棚などをつけるときの下地になります。

6、中の壁の色
中の壁の色はできるだけ明るい色を選ぶこと。表から中を見やすくするため。

7、床のつくり
床は道路に向かって緩い勾配を取って水が流れるようにすること。雨で車が濡れたときにおもてに流れるようにするため。

あとはその車庫をどう使うかでポイントがいくつか増えますが最初はこれだけを押さえておけば大丈夫です。

これを踏まえてビルトインガレージは考えましょう。

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る