相談事例|土地の値段の決まり方と買う時の思わぬ落とし穴とは?

土地の価格設定の決め方知ってますか?

あるお客様がいらっしゃいました。若いご夫婦でした。自分たちの予算に合う工務店を探していたそうです。
一度お会いして家の大きさで大体の金額は伝えておきました。

しばらくしてある日電話がきました。安い土地あったんで契約しました。
決済終わったら土地の測量図もって行きますね。

うれしそうにお話してくれました。

もってきてくれた測量図はある分譲地の一つで一番奥の敷地延長の土地でした。
外部の給排水工事の費用が余計にかかりますし、資材運搬費用もかかります。
何よりトラックやコンクリートミキサー車も入りません。まして建てる時のラフタークレーンも使えません。

お客様にこの事を伝え余計にかかる費用の概算を計算しますと、そんなにかかるんですか?
あとこの地域は地盤改良が必要な可能性がありますので、その費用もかかります。
多分このお客様の予算にそれらの事は入っていなかったんだと思います。

土地に関して不動産屋さんはプロです。そのような事を考えて土地の値段をつけているのです。
金額だけで決めてしまうと、思わぬ費用がかかることがありますので、
十分注意をしてください。

なぜなら、あなたは家づくりで失敗してはいけないのですから。

公開日時: 2006年7月26日  更新日時: 2017年8月8日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る