相談事例|資金計画の話をするとそれ以降電話も来なくなる

家づくりでつらい思いをした方からのご相談でした

昨日あるお客様が家づくりの相談にいらっしゃいました。
1週間ほど前に電話があり日時を決めてお待ちしておりました。
お話が中盤に差し掛かった頃急に、実は今日来るときどうしようかな?やめようかな?と悩みながら歩いていたそうです。

数社のハウスメーカーに聞いていたそうですが、
資金計画の話をするとそれ以降電話も来なくなるそうです。

またあのようなつらい思いをするのはいやだなと、とても足取りが重かったそうです。
ありがたいご意見をいただきました。

私共の事をお客様側から見たときの貴重な言葉です。
もっと相談しやすくするにはどうしたらいいんだろう。。。
また大きな課題が出来て嬉しいです。

気に入らなければ、あなたから断っていい

このお客様には、家づくりを成功する明日のためのその1からその3までをお話しました。
どれも基本の事です。これを忘れなければ、どんなハウスメーカー、工務店、またはビルダーに家づくりを頼んでも決して失敗しない1.2.3です。

時間はかかるかもしれませんがきっと成功してくれる事と思います。
でも工務店の敷居ってそんなに高くないんですよ。
新橋や銀座のように、一見さんは相手にしないなんてことはないんですよ。
そして、気に入らなければ断っていいんですよ。
一回相談に行くと断りづらいなんてことはありませんよ。
少なくとも私共はそう思っています。

公開日時: 2007年4月11日 更新日時: 2017年4月26日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る