相談事例|道路がない 狭い

もし災害が起きたらこの状況ではどうなる?

先日、あるお客様が来社されて、現地を見てほしいといわれ、うちの部長と行ってきました。
このあたりだよね、そういいながら歩いていると巾1.5メートル位の通路にそのお客様がいらっしゃいました。

こちらです、案内されると、その奥を曲がった先でした。
古いお宅、綺麗にリフォームされたお家などが両側にならんでおり、建て替えの家はありませんでした。

道路?は1.5メートルないくらいです。建て替えをするには道路に接道するのが条件ですし、その道路が4メートルより狭い場合は4メートルにしなければなりません。
このお客様の場合は今の塀より約1.3メートル下がらなければなりません。
多分それがいやで、この周りの方たちはリフォームで新築同様にしているのでしょう。

実際消防車も救急車も入ってこれない、もし火事でも起きたらどうするんだろう?
確かに道路を広げたら土地が狭くなるので建つ家の大きさが小さくなり、不便になるかもしれません。

もし災害が起きたらこの状況では、全部の家が燃えてしまうでしょう。
ただ単に営業的利益だけで古い家をリフォームして新築同様にしていのだろうか?

東京には多分近い将来大きな地震が来るだろうといわれています。
自分の家の耐震性を上げるのも大事ですが、もっと根本的に考えなくてはいけない時期にきているような気がします。
みんなが少しだけ我慢して、住宅環境や安全面を考えてくれればもっと災害に強い街が出来ると思います。

でも現実は新築同様のリフォームをして道路や避難経路は広がらないまま、、、
こんな状況をみるたびにいつも自分の力のなさを思いしらされます。
お客様の要望をそのまま聞くのは素人だと思います。
私たち家をつくる側としては、
お客様のために安全面や機能面でよりよい提案をしなければならないのではないのかな?
そう考えるこのごろです。

公開日時: 2006年7月22日 更新日時: 2017年4月25日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る