子供たちへの最高の教育とは?

子供の教育の前に最初にやっておくことがあると思う

別に教育論とか子育て論とか言ってるわけでなく僕が生きてきてただ感じたことを書いてみました。
子供の教育って難しいんですよって結構言われたりします。

でも最初にやっておくことがあると思うんですよ。
それは夫婦仲がいいことを分かってもらうこと。
お父さんとお母さんが仲良くてニコニコなら変な道にそれたりしませんからね。

両親の仲が悪いから寂しくなって仲間を求めて行っちゃうんですよね。
悪い奴らって言葉巧みに仲間に入れますから。
ここなら自分のことを分かってくれる、なんて妄想しちゃってね。

で、気がついたらもう大変なところにいる。でも抜け出すにはかなりのパワーがいる。
親と言えばガミガミ起こるばかりでちっとも判ってくれない。
じゃいいやってなげやりになる。こんな感じですよね。

私が小さい頃こんな子が周りにいっぱいいました。
高校も途中で辞めて働きだしたけどいつの間にかいなくなってました。
学校や受験の勉強もいいですが基本は両親の仲がいいこと。これに勝る教育はないと思っています。

相手を思いやることや譲りあうことなど両親を見ながら覚えていきますから。
子どもたちって大きな目で親を見つめています。
仲良しでいるそれだけでとても大きな教育を子どもたちにしているんだ、と思って夫婦仲良くしましょうね。
ちなみに、僕の両親めちゃ仲よかったです。よく二人だけで旅行してましたもんね。

 

夫婦のバランスってどっちかが強すぎるとうまくいかない

年々、年を重ねるたびに夫婦のバランスがとっても大切なんだなって思います。
お互いの得意な分野では主導権をにぎり苦手な分野では相手に委せる。
結婚したての頃って中々うまくバランスって取れなかったんですが今では自然と取れるようになりました。

相手に寄り添って相手のことを考えて相手の笑顔を大切にする。うん、いい感じです。
たぶん妻が合わせてくれているんだと思います。

お互いが自然とバランスがとれてくると無理しないのでストレスが無くなります。
どっちが強すぎてもだめですし、弱くてもだめ。
調和が夫婦にとって一番大切なんだなって最近特に感じています。

 

結婚はスタート

最近特に思うのだけれど結婚でゴールじゃないんだよねって。あくまでスタート。
そして結婚じゃないスタートもあるってこと。

僕はうちの奥さんと結婚したけれどそうじゃない人生もあるしそこからのスタートもあるってこと。
だから結婚に、結婚することに縛られなくていいと思う。
こんなこと言うと「あなたは結婚してるからそんなこと言えるのよ」なんて怒られるかもしれないけどね。

結婚て、お互い違う人生、違う環境を生きてきた二人が
お互いを認めて感謝してひとつひとつ築いていくことなんだなって思う。

どちらかが傲慢だったり我が強かったりではいずれ破綻するそんな関係。
向いている人、向いてない人いろんな人がいると思う。

だから結婚はスタートのひとつ。決してゴールじゃない。妻の横顔をみていると特にそう思います。
決して他意はありません、だって一緒いて楽しいしうれしいしハッピーだもん。

公開日時: 2016年3月1日  更新日時: 2017年4月24日

関連記事

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る