家づくりで親子の関係を良くするには?実証済みの方法

思い切ってテレビは1台だけ

親子の関係って簡単なようで難しいんですよね。
とくにお父さんと子どもたちのときって。
中学、高校、そして大学となると・・・
思春期を迎え大人のような、まだ子供のような、ふわふわした感じがこの時期です。
また集まりにくくなるのもこの頃です。
思い切ってテレビは1台だけにしませんか。
各部屋には置かないでリビングに1台だけ。
ここにしかないと自然と集まってきませんか。
最初は黙って見ているけだとしても一緒に入ることに慣れてくると自然と会話が生まれますよ。
一緒に笑ったり、一緒に感動したり、一緒に泣いてみたり、子供たちが小さかった頃のように一緒になれますよ。
ただチャンネル争いは起きてしまいかもしれませんけどね。

うーん、それも家族のスキンシップの一つだと思えばいいんじゃないですか。
一人でビールを飲みながらの野球観戦、そろそろちょっと変えませんか。
会話がいっぱいあれば居間は愉しい家族の集合場所。
親子の関係だって全然気にしなくなりますよ。

親子の関係もあまり気にせず愉しい我が家

実はこれ、我が家で実証済みです。
大学2年、中学2年、中学1年の男の子がワイワイ言いながら居間で妻の周りでテレビを見ています。
親子の関係もあまり気にせずテレビ前が愉しい我が家になってます。

公開日時: 2014年12月3日 更新日時: 2017年4月12日 

関連記事

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る