2017年版|家を持つ持たないの判断基準とは?チェックしてみてください

あなたが家を持つ理由って何ですか?

よく考えることがあります。

家を必要としている人ってどんな人なんだろう。

・家族みんなで一緒に住みたいなと思っている人。

・趣味や娯楽の基地、拠点として自分の好きなような住処にしたい人。

・住みながら将来の資産として考えていきたい人。

・ずーっとここに住んで子供たちがいつでも帰って来れるようにしたい人。

・ご先祖様のお墓や御仏壇を守っていくことを代々やっていって欲しいなって思っている人。

うーんあと何があるんだろうか。まだまだありそうなんだけどね。
よく見てみると少し前とはかなり違ってきたんだよね。

家を持つ本当の意味が変わってきた

前はとりあえず社会的に、世間的に家を持たなきゃいけないかなって思っていたり、人から一人前と見てもらうにはまずは家を持たなきゃね、とか人からよく見られたいっなとかって優越感や見栄えで家を持とうとしたり。

前は外から見られたらどうかってことが家を持つ判断基準だったように思う。

でも最近は自分や家族、家庭からの発想、
目線で家を持とうとしている人が増えているんだよね。

家を持つ本当の意味が変わってきたように思います。

うん、そう、いい感じ、とっても素敵だなってね。

お客様のお話を聞くたびに僕は感じています。

公開日時: 2016年9月5日 更新日時: 2017年5月16日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る