子どもたちがおおらかに育つ家ってどんな家なんだろ?

子どもがおおらかに育つ家ってどんな家なのでしょうか?

わたしはこう考えます。

不安のない、親といつも一緒にいられる家。
家族で集まる場所はいつも決まっていてその場は笑い声が溢れている。
困ったことなどを相談しやすい雰囲気の居間、玄関は広めでゆったりとしていること、そしてなによりも夫婦が仲良くしていられること。
こんな家ならきっとおおらかなお子さんになりますよね。

仲のいい両親がいるだけで子どもたちは安心します。
安心すると気持ちの余裕が生まれます。
自分に余裕が生まれればまわり対しても余裕ができ優しい気持ちが生まれます。
優しい気持ちが生まれればおおらかになってきます。
ほら、ねっ、家って不思議でしょ。

住むことで子どもたちもおおらかに育つんです

家は商品ではなく作品でもありません。
家とは家族が暮らす場所なんです。
暮らす場所だからただ箱を作るだけではダメなんです。
なぜならそこに住む事によって子どもたちは教えられながら育ちます。

だから家族のことを大切に考えた家に住むことがとても重要なんです。
いい家・・・あなたの子どもたちがおおらかに育って夫婦が仲よくいられる・・・これがいい家だと私は信じています。

一番肝心な事

家づくりで大切なことは、その家でどの様な暮らしがしたいのか。  家族とどうゆう生活をするのか。  ご両親と一緒に住む場合ちゃんとお互いの事を話し合っているのか。 大切なことだと思います。これがしっかりしてないと後悔することになるでしょう。  あなたは建てた家でどの様な暮らしがしたいのですか?

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る