介護・老後|お家の段差の見落としがちなポイント

単純に段差をなくせばいい訳ではない

よくバリアフリーといいますが本当かどういうコトなんでしょうか?

段差をなくせばいいんじゃないの?
と想われがちですが実はそれだけでは無いんですよね。

段差、手すり、通路、目印、スペースの広さなどなどバリアフリーっていろんな問題を解消しようってことで世界的に考えられているコトです。その中のひとつに段差があります。

確かにフラット、平面の方がいいんですがそうもいかないケースが多々あります。

玄関ドアだって数センチ段差ありますし玄関の土間から玄関室内塚にも段差があります。

カーペットだって5-6ミリから厚いものなら1センチ以上にもなります。

畳だって縁が少し高くなってきますから摺り足だと引っかかる場合もあります。

ここが結構見落としがちなポイントです。

ただ段差の解消だけを考えてしまうのではなくとなぜ段差が生まれているのか、というようなそこに生まれた背景を見ることも大切です。

衛生的なコトなのか、使い方のコトなにか、ここも考えておかないと片手落ちになってしまいます。

かえって小さな段差にしないであえて段差が目立つようしてあがりやすく手すりやベンチなどを考える方が安全な場合もあります。

かえって小さな段差のほうが
実際には引っかかって転びやすくなってきます。

段差ひとつ考えるのも全体を見ながら計画した方がより安心に、安全になると思っています。

 

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る