大きな地震に遭ったときはどうしたらいいの?

大地震が起こったらまずは

まずは屋外に非難すること。
頭上からいろんなものが落ちてくるので注意しながらね。
安全を確認したら表から家の状態をよく見て傾いたりひびが入ったりしてないか確認してから余震がない時に玄関や窓を開けたまま入ってみる。
この場合傾いていた場合は入らないほうがいいですね。

表から見て大丈夫な場合はいつでも逃げられるように玄関、窓は開けっ放しにして避難ルートを確保しながら入る。
余震がきたらいつでも逃げられるようにしながらね。
必要最低減の貴重品や食料、衣類などを持って来ること。
できればリュックで身につけていたほうが良い。

近隣で火災などの発生もなく揺れが落ち着いてきたら家が大丈夫な場合は中に入る。
余裕ができたらできれば2人で(何が起きるかわからないから一人より二人のほうが安心。)近隣の避難所などへ行ってみて情報を収集する。
情報を持ち帰って家族で話し合って今後の相談をする。

大地震の後に家の中に入る時の注意点

でも忘れないで!
これができるのは家の強度がしっかりいる場合のときだけ!
しっかりした家の場合のみ入っていいですよ!
強度がない場合は倒壊する可能性が高いので入らないほうがいい。
これを防ぐには家の強度をあげることしかない。
耐震補強や耐震工事にあたるのがこれ。
区役所なんかでも相談窓口があるから行ってみるとよいですよ。

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る