家の天井|高い場合、低い場合、それぞれの良い点とは?

家の天井って高いほうがいいのか?

みなさんはどう思いますか。私はこう考えます。

低い場合の良い点は

1、低いほうが暖房や冷房が効きやすいので省エネになる。

2、低いほうが階段の段が少なくなるのでその分広く使える。

3、低いほうが天井の掃除はしやすい。

4、低いほうが地震に対して強い。

5、低いほうが照明器具の交換その他のメンテナンスがしやすい。

 

高い場合の良い点は

1、高いほうが気分がいい。

2、高いほうが高級感がある。

3、高いほうが・・・・・

高いと良い点って他になにがあるんでしょうか?

極端に低いのはどうかと思いますが建築基準法で定められている2,1mから2,2mあれば問題ないと考えています。

特に都内では斜線があるので天井高はそんなに高くできません。特に3階建てとなるとね。

だから低い天井にも実際にはいいことがたくさんある、というお話でした。

公開日時: 2016年2月12日 更新日時:2017年5月25日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る