耐震工事ってそもそも何ですか?どんなものですか?

耐震工事ってそもそも何なのか

これ最近よく聞かれるんですよね。

こんな相談があるんだからきっと耐震工事ってまだあまり広まっていなんでしょうね。

簡単に言うと古い建物、
現在の耐震の強度に達していない建物を現在の基準に合わせて補強工事すること。

リフォームとは違うってことを覚えておいてください。

ただ基礎の不備がある3階建てに関してはかなり神経質に対応する必要があります。

単に上だけを強くすると建物が転倒する危険があります。

基礎と基礎の上の建物を総合的に考えて補強計画をすることが大切です。

2階建てと3階建ての差が耐震工事では如実に現れてきますので注意してください。

 

耐震、そもそも耐震ってなんなの?

もっとさかのぼって、そもそも耐震とは何か?

よく耐震って聞くけどそもそも耐震ってこともよくわからないし・・・・・

よく言われることです。

耐震とは地震に対して家などを丈夫にすること。

家など言ったのは家全体でなく部屋だけを丈夫にすることもあるからです。

ただ単に壁だけ強くしてもだめなケースがありますから全体のバランスが重要となってきます。

前にブログでも書きましたがこれから考えなければいけないのは繰り返すってこと。

熊本であったように震度7クラスが繰り返して起こるってことです。

これから家を建てたいって思っている方はこの繰り返しに対しての耐震計画に重きをおいてください。

大きな地震が2回、3回と続いた場合でも十分な強度を発揮できるようにすることが求められてくると私は考えています。

耐震計画はできるだけ安全側で考えて耐震の余力を残しながら部屋の広さや窓の大きさを考えることが大切になると思います。

快適さを求めすぎて耐震の余力をないがしろにすることだけは避けることをお勧めいたします。

 

現在の耐震の基準は?

今、国が定めている耐震の基準は生涯一度あるがどうかわからない震度7クラスの地震に対しての耐震を基準としています。

ここで間違わないで欲しいのは震度7クラスが1回あとは余震が起きることを想定している点です。

余震は本震より小さいであろうということ。

つまり震度7クラスが2回続けておきることは考えていなかった点です。

生きているうちに1回遭うか遭わないかわからないけどこの1階の大きな地震に対しての耐震基準となっています。

今回熊本で起きたのは続けて2回起きてしまった点です。

1回目では持ったとしても2回目では持ちこたえられなかったということ。

今は専門化が総力を挙げて対応を考えています。

考えられる対策としては耐震になにを足すかということ。

今考えられることとしては免震、制震でしょうか。

いずれにせよこれから家造りを考える場合はこれらを取り入れる耐震計画が必要になってくると考えたほうがいいでしょうね。

公開日時:2016年8月26日  更新日時: 2017年4月26日

 

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る