何年か何回かに分割して工事

家が古くなってくると一部だけではなく家全体に不具合が出てきます。

扉の開け閉めがしにくくなったり、
水道管や下水管が破損していたり、
なんだか床がミシミシしていたり、
2階のベランダがなんだかぐらぐらして壊れそうだったり、
階段の手すりがちょっとぐらぐらしていたり、
壁がなんだか脆くなっているのかな?
といった具合です。

それと、キッチンやトイレが古いので、新しくキレイにしたいな、といった事もあります。

壊れているわけではないので、そのまま住み続けられはするけれど、さすがにそろそろ直しておいた方が良いかな? もしくはキレイにしたいな。
でもそこまで一度に費用はかけられるわけではない。でも全体的に家を直しておきたい。これってどうにかならないの?

こんな方法があるのをご存知ですか?

これは全体を計画的に何年かに分けて工事をすることで可能になります。

ご相談をした上で、優先順位の高いところから工事をしていくという方法をとります。

これは、そのご家族によって何を真っ先に行うのか、優先順位が違いますので、お問い合わせやご相談をした上で、まずはどこを直していったらいいのか?ということを決めることになります。

家が全体的に古くなってきて直したい、複数個所を直したいところがあるが、どこから手をつけていこうかな?とお考えの方は、お問い合わせ、ご相談いただければと思います。

その時に、今後の工事の計画表を考えていければと思います。

1

2

3