一戸建てを直す時に耐火は出来るのか?

新潟の大火事とっても心配です。あれだけ広範囲に広がるとは想像もできませんでした。

被害にあわれた方々のご無事を切に祈っております。どうかご無事で。

今、耐震に対しては国を挙げて取り組んできたので一定の効果は出てきていると思います。

でも耐火に関してはまだまだ対策は進んでいません。

そんな中で行政は新しく新防火地域を設定したり防火地域自体を広げたりと少しずつですが前には進んでいます。

ただ問題なのは建て替えをしない場合は既存のままで良いということ。

耐震に対しては補助金の制度があるため負担は少し減るのですが耐火にかんしてはまだです。

実際古い木造のお家にとっては火災に対することも考えなければならない時に来ているのでは?と考えます。

内装の壁、天井を石膏ボードで貼れば中からの火に対して有効です。

外壁は塗装だけではなく
その上から不燃のボードを貼れば外からの火災に対して有効になります。

リフォームの時の選択肢の一つに防火を考えることで被害を減らすことができます。

まず最初は中を、そして次は外を(逆でも大丈夫です)と分けてすることもできるので
お家を直そうかなって思ったときに防火も考えてみてください。

一軒一軒みんなで行えばそれだけで火災に強い街になってきます。

行政の対応を待つのも一つですが自分から動くことも大切なことだと思っています。

公開日時: 2016年12月24日 更新日時:2017年5月8日

この記事を書いた、酒井建一のプロフィールはコチラ
ブログのトップページに戻る
ホームページに戻る