避難路沿道の一定規模以上のブロック塀等を耐震診断の義務付け対象に追加 ~ブロック塀等の耐震化促進に関する政令を閣議決定~

平成30 年6 月の大阪府北部を震源とする地震において、尊い命が失われたことを踏まえ、各方面で既存のブロック塀等の安全確保対策が進められています。

通行障害建築物に、建物に附属する一定の高さ・長さを有するブロック塀等(補強コンクリートブロック造又は組積造の塀。以下同じ)を追加する「建築物の耐震改修の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定されました。これにより、都道府県又は市町村が耐震改修促進計画に記載する避難路の沿道にある一定規模以上の既存耐震不適格のブロック塀等は、耐震診断が義務付けられます。

詳しくはコチラをご覧ください~ブロック塀等の耐震化促進に関する政令を閣議決定~ – 国土交通省

国土交通省による「自分でできるブロック塀等の点検のチェックポイント」です
 

1つでも当てはまっているならば専門家に相談しましょう

1

2

3