1. ホーム
  2. これから家づくりを 考えている方へ、自分で簡単にできる お家のイメージの創り方

家づくりのイメージを一つずつお伝えしていきます

こんにちは。酒井建一です。

私がやっている家づくりのイメージを一つずつお伝えしていきますね。

※ポイント、、、家族みんなで考えてくださいね。

お家の設計に入る前に概略を考えます。
そこで私がいつもやってるやり方をまずはお伝えいたします
最初に土地の面積を書きます。
次に土地の住所を書きます。
ここから絵を描くような感じで土地を書いていきます。

道路の位置、道路の幅、(例では4メートルにしてます)そして土地の大きさを書きます。(例では8メートルと10メートルにしてます)
ポイントは薄いマス目がある紙だと簡単です。
今回は2マスを1メートルにして書いています。

最近、お家を考える時にイメージや概略をご自分である程度できたらいいな、と言われることが多くなってきました。事細かい設計ではなく自分たちのイメージがある程度できてくればどこに相談するにしても相手側に伝わるので失敗が避けられるのでは?と考えました。
そこで実際に私がやっているお家のイメージの作り方を出来るだけわかりやすく出していきたいと思います。
ただ例として寸法や値をかい
また、例と書いてあるのはあくまで例ですのであなたの場合は実際の数値を入れて考えてください。

 

北の向きを書きます

お隣や道路との距離を考えてみます

周りの土地の境界から0.8m入ったところに一点鎖線を書きます。

 

道路側には1.5m入ったところに一点鎖線を書きます
まずはこの一点鎖線の中で考えます。


一点鎖線の寸法を計算してみました。

Aが横の寸法です。6.4メートル

Bがたての寸法です。7.7メートル

お家の大きさを決めよう


別の紙を用意してください。
建物の大きさを決めます。
用途地域、建ぺい率、容積率、道路の幅などの数値を
例として挙げています。

計算をしていくと、建てられる建築面積の上限が48㎡
建てられる床面積の合計の上限が128㎡
となります。(あくまで例として挙げています。)
詳しい用途地域、建ぺい率、容積率、道路の幅は
ご自身でお調べ下さい。

調べ方として、
「板橋区 用途地域」「板橋区 建蔽率」「板橋区 容積率」など
このように検索すると出てきます。
道路の幅は実際に測ってみてください。

お問合せ・資料請求家づくり勉強会

ページトップへ戻る