南会工務店ってどんな会社?

nankaihp103

 本来の工務店は昔、家にまつわる事の相談所でした

 
ところが現在では工務店というスタイルはなくなり、家を売るということに重きを置くようになりました。

しかし工務店の本来の立場はそれとは違います。
私たちが行っているのは
お家に対する問題解決のお手伝いです。

 

家づくりに相談に行くと、すぐに提案をされることが多いと思います
相談をしたかったのに、いつの間にか提案にされている…こんな思いしませんでしたか?

※通常の相談の場合は

nankaihp055

でも南会工務店の考えは

相談からすぐにご提案ではなく
お客様のお話を聴きながら、何をどうすればいいのかを一緒に考えたいと思っています。

建て替えをしよう、リフォームしようと、お家のことを考えたときに初めて家族の問題点が見えてきます。

それは家を考えてない時には、見えてこないのです。
問題はなんとなくは感じているけれども、それが何なのかはわからない。それが初めて具体的にわかるのが、お家を考えたときです。

南会工務店は、まずお客様に「何をどうしたいのか」を詳しく聴き
聴いた中で「家づくりが問題解決の方法の1つ」になっているならば、そこで初めて一緒に家づくりに進んできます。

社長の酒井の動画です「新築すべき?家族を守る家の作り方」


自己紹介

お住まいになるご家族の笑顔を守るためのお家を提案している南会工務店の酒井建一です。
最近、自分たちには何が合っているのか。
新築・建て替えかリフォームか。
またどう考え選んだらいいのかがわからない、というお客様の相談を多く受けます。

病院ですと総合診療があり、保険ですと保険の窓口があります。

お家の場合は、総合的に会っているのは何かを考えてくれるところはあまりありません。

 
今、建築業界の現状は、

新築・建て替えの場合、
注文住宅か、建売を購入するのか。
 
リフォームを考えたときに、
今の家をリフォームするのか。
中古物件を購入し、リフォームをするのか。

もしくは、今はやらないでおくという事を
総合的に相談できるところが実際はあまり多くありません。

何故かというと、一昔前は町場の工務店がこの役割を果たしていました
しかし時代の流れとともに建築業界が分かれ、新築専門の住宅メーカー・ハウスメーカーと、リフォーム専門のリフォーム会社の2つになりました。

 
新築・建て替えが決まっているなら、住宅展示場やハウスメーカー等が候補にあがり、
最初から建て替えで話が進んでいきます。
でも途中でリフォームの話になると当然担当者が変わりリフォーム専門の部署になります
 

リフォームで決まっているなら最初からリフォームで話が進んでいきます。
途中で建て替えになった場合は、関連業者への紹介になり、また担当者が変わります。

当然、新築・建て替えと、リフォームのメリット、デメリットはよくわからないままです

 
「まだどちらが良いのかがわからない私はどうすれば良いの。」
「どこに聞けば中立の立場でメリット、デメリットをわかりやすく私たちに伝えてくれるの。」
「どこに行っても新築・建て替えやリフォームを最初に決めなくちゃダメなのよね」
「どっちが自分に合っているのかがわからないのに一体どうすればいいのよ。」

 
こんな声を多く聞いているうちに、私たちで何かお手伝いができる事はないのだろうか、
と考えお家の相談所を始めました。

相談していくと、新築・リフォーム、今はやめておく、という選択肢が出てきます

 

常に連絡を行えるようにしております

ご契約された方のみ、LINEやMessengerにて連絡が即時できるように繋がれるようにしております。
ご連絡いただいてすぐに解決できない場合はありますが、対応を早く行うことが出来ます。

本来であればご相談にいらしたご契約前の方もLINEやMessengerにてお話が出来るようにしていきたいところではありますが、弊社は人数が少ないために、ご契約された方のみとさせていただいております。ご了承ください。

 

とはいえ、ちょっと怖いよね
お問い合わせしたら、この後しつこい営業がバンバン来るんじゃないの?と思ってますよね?
南会工務店では、こちらから連絡する場合は、資料請求の場合は送付先の住所の確認、お家の相談の場合は相談日の確認など、あくまで確認の場合のみです。
こちらからは営業等その他のしつこいお電話は申し訳ありませんができません。
なぜなら営業等を得意とする人間がいないからです。
ですからこちらからの連絡は必要最低限の確認のみとさせていただきます。 

   

 

 

 
 

>>会社概要(ここをクリック) 

PAGE TOP